Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

社会人派遣社員編

スポンサーリンク

社会人派遣社員編

直営店閉店につき、工場の仕事も斡旋はしてくれたが
事実上クビで、この会社を去ることになる。
49歳の春であった。

派遣会社で小学校のテスト用紙の梱包の仕事が
2カ月短期であったので、バイト間隔で働く。

その後、個人のパン屋に就職してみるものの
そこの若い女の従業員が生意気で、プライドが
傷つき、また肌に合わないと感じたので、6日で
辞める。

その後、別の派遣会社で新しく出来るスーパーの
ベーカリー部門のスタッフとして、働くことになる。

ここの派遣会社は小さな会社で、社員がよく辞めるので
半年ごと担当がかわった。
頼りにならない派遣会社であった。
しかしスーパーの店長や従業員など人間関係はうまくいっていた。
ところが開店して1年後、店長が移動し、新しい店長になって
すべてが狂ってきた。

派遣は2年しか勤められないので、早く別のところへいきなさい
と言われました。退職を促すような事をいうのはパワハラなんで
派遣会社に相談したけど、動いてくれないので、直接スーパーの
部長に話したが、結局派遣社員は人間扱いされていないことが
よくわかった。

仕事を懸命にした。主任のしている仕事もこなした。
数値管理の仕事もこなし、ローケーションも組んだ。
経験があるから、それを生かせば社員さんが喜んでくれると
思うから一生懸命仕事をした。
前の店長はそれを認めてくれていたが、新しい店長は時給の
高い派遣社員を早く切りたかったのだろう。

オープニングの功労者を何故?と高まる声の他の従業員を後に
契約打ち切りの為、無職となる。
派遣社員と働いた期間、約2年間であった。
52歳の秋だった。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional